アクセスカウンター
  • 5今日:
  • 10昨日:
  • 24月別:
  • 0オンライン中:
  • 2013年7月18日開始:
お問い合わせ




お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

秋の石橋文化センターでどんぐり拾い!

10/23は石橋文化センターで遊びました。
次回の予定は、10/30(木)10:30~13:00  @ふれあい農業公園 調理室 (会費 800円/親子一組、初めて参加する方は+500円) 
いよいよ転勤族交流企画で、青森名物「せんべい汁を食べよう会」です。(10/28までにもーりえまで申し込みください)
 

今週の森のなかま保育も、石橋文化センターでした。
10月はお天気の日が続いていて、今週の木曜日も風が強いけれども、快晴!
だいぶ風が冷たくなってきたけれど、子どもたちと元気いっぱいに遊びました。

秋の森といえば、やっぱりどんぐり拾い。
木々の下に落ちているいろんな種類のどんぐりを探してみました。
たまご型の大きなものや、細長いもの、よく見かける形のもの・・・と木の種類によっていろんな形のどんぐりが見つかりました。
「どんぐり」とは、ブナ科の木の実を総称したものなので、調べると日本国内に自生するブナ科の樹木は22種もあるそうです。
拾ったどんぐりがどんな種類の木のものかをお家で調べてみるのも、楽しいですね。

どんぐり拾いの後は、子どもたちとあずま屋近くの水場で遊びました。
小さな笹舟を浮かべたり、木の棒で水底を探ったりしていると・・・・小さなザリガニも見つけましたよ。
ザリガニは水底に隠れているので、子どもたちと「どこかな、どこかな?」と一生懸命に探しました。

ツワブキの黄色いお花の蜜を吸いに来たチョウチョをじっくり見たり、いろんな種類のツバキの木を見たりと、それぞれの子どもたちが興味のあることを楽しんでいました。

次回は、久しぶりのふれあい農業公園です。
転勤族の方も、そうでない方も、もりの仲間と一緒にせんべい汁を作って、食べませんか?
せんべい汁を食べながら、それぞれの郷土料理のお話もしませんか?
興味のある方のご参加をお待ちしています。